読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醤油手帖

お醤油について書いていきます。 料理漫画に関してはhttp://mumu.hatenablog.comへ。お仕事の依頼とかはkei.sugimuraあっとgmail.comまでお願いします

C91で「塩の知識 醤油手帖番外編」が出ます【試し読みあり】

f:id:shouyutechou:20161227111637p:plain

塩のすべてを、この一冊に

サークル「醤油をこぼすと染みになる」は、12月31日のコミックマーケット91で「塩の知識 醤油手帖番外編」を頒布いたします。

はい、今回は番外編です。醤油から少しだけ離れて、調味料の原点である塩のお話をとことんしています。

塩について、味から効能から料理との相性から歴史からうんちくまで、塩について知りたい人にとっての決定版となるように作りました。

目次はこちら!

f:id:shouyutechou:20161227112356j:plain

本文はこんな感じです。

f:id:shouyutechou:20161227112513j:plain

f:id:shouyutechou:20161227112526j:plain

何かあったときにすぐに取り出して読めるよう、手帖サイズとなっております。いわゆる、新書サイズですね。ページ数は150ページ。ほどほどの厚みを目指しました。150ページがほどほどかというと微妙ではあるような気がしますが。

でも、電車の中で読んだりしても全く違和感がないし、中身をのぞき込まれても「この人、塩の勉強をしている。すてき!」となることでしょう。

初回特典として、表紙はカバー仕様となっております。

ちょっとこの表紙に注目をしてみてください。塩の瓶ではなく、いつもの醤油瓶ですよね。これはあくまで醤油手帖シリーズということで、瓶が残っているのです。というか、サークルのロゴなので変なツッコミは無用なのです。

それはさておき。

今回の本では塩についてかなり踏み込んでみました。

もっとも身近な調味料でありながら、意外と知らないことが多い塩。塩があると味はひきしまり、味わいの幅が出ます。でも、おいしいと感じる塩味はかなり狭い範囲だったりします。他にも、遭難したときに海水を飲むとどうなってしまうのかとか、気になりませんか。

そういったところを深掘りしつつ、必要以上に難しくなりすぎないよう、工夫を凝らしています。化学式とかが延々と出てきても、ちょっと読みにくいと感じる人は多いんじゃないでしょうか。でもご安心を。本当の本当に必要最小限にしつつ、もうちょっと知りたいという人が、詳しい資料や論文を読んだときにもわかるような、ベースの基礎知識が身につくように頑張りました。

いつもの箔もいつものギミックで存在しています。しているはずです。まだ現物を見ていないのでどうなったかわからないのですが、かなり綺麗に仕上がっているはず!

塩について知りたい人。塩が大好きな人。知識欲好奇心旺盛な人。お正月にじっくりと読む本を何にしようかなーと考えている人。是非、この年末年始には醤油手帖番外編で塩について読んでみてはいかがでしょうか。

「塩の知識 醤油手帖番外編」は頒布価格1000円。

C91 31日(土)東2ホール A-40b 醤油をこぼすと染みになる

にて頒布いたします。

会場に来る前にサンプルを読みたいという人は、こちらからお試し版読むことができます。

お試し版(PDF)

よろしくお願いします。

 

ページトップへ