読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醤油手帖

お醤油について書いていきます。 料理漫画に関してはhttp://mumu.hatenablog.comへ。お仕事の依頼とかはkei.sugimuraあっとgmail.comまでお願いします

C87「醤油をこぼすと染みになる(30日東A-38b)」おしながき

f:id:shouyutechou:20141228235951j:plain

おまたせしました! C87のお品書きです。なんだかんだ日付的には前日になってしまいました……

今回の新刊は、醤油手帖mini フルーツ醤油編です!


C87「醤油手帖mini 〜フルーツ醤油編〜」告知 - 醤油手帖

そして、新グッズは白熱日本酒教室の枡です。

五勺枡といいまして、一合の半分。容量で言うと90mlになります。なのでこれ4杯分でちょうど2合となるわけですね。

むむ先生と助手がそれぞれ表と裏に刻印されております。お正月の日本酒のお供に是非お使い下さい!

既刊も持っていきます。

まずは、醤油手帖シリーズより、醤油手帖 Vol.6 〜幸せのポン酢醤油編〜です。


C86「醤油手帖 Vol.6 〜幸せのポン酢醤油編〜」告知 - 醤油手帖

身近にあるポン酢を語り尽くす。おうちで頻繁に使うポン酢醤油について深く深く語っています。

今回の新刊のフルーツ醤油編そのものが、柑橘系と醤油を合わせたポン酢醤油編の続きというか、番外編みたいな感じの位置づけです。もちろんポン酢醤油編を持っていなくても単体で楽しめますが、両方持っているとより楽しめると思います。持っていない方はこの機会にどうぞ!

そして、こちらもあります。


C86「酩酊女子presents むむ先生の白熱日本酒教室」告知 - 醤油手帖

現在大好評販売中の、「白熱日本酒教室」(星海社新書)

この同人誌は、その前身とも言える作品です。

漫画+解説文章という構成はそのままに、日本酒のことをわかりやすく、そして詳しすぎず解説しています。詳しすぎずというのは、マニアックになり過ぎずだと思ってください。楽しむのに必要な最低限の知識が身に着き、マニアックな本を今後読んだときにその話が理解できるようになる。そんな本です。

アザミさんの漫画パートはこちらの方が多かったりしますので、アザミさんのファンは是非こちらをお買い求めるといいんじゃないかと!

ちなみに、第二版にあたって一部ミスを修正しています。

あまりにも大胆すぎて関係者一同本を作り終わってからしばらく経っても全然ミスになっていると気づかなかった、そんな伝説級のミスを修正しております。初版を持っていて、そのミスを確認したい方も是非! そして、どちらかを布教用ということで友人などに渡していただければ、とてもうれしいです!

他の既刊は、醤油手帖Vol.3とVol.4です。あと、ブックカバーと手ぬぐいも少しずつあります。

というわけでまとめますと。

C87「醤油をこぼすと染みになる」(30日東2ホールA-38b)はこんなラインナップでお待ちしております。

  • 醤油手帖mini フルーツ醤油編 400円
  • 白熱日本酒教室枡(五勺) 500円
  • 醤油手帖 Vol.6 〜幸せのポン酢醤油編〜 600円
  • 白熱日本酒教室 500円
  • 醤油手帖 Vol.4 〜魅惑の魚醤油編〜 600円
  • 醤油手帖 Vol.3 〜たまごかけご飯専用醤油編其の弐〜 600円
  • 醤油手ぬぐい2014 1000円
  • 醤油手帖ブックカバー(4枚セット) 400円

よろしくお願いいたします。

なお、売り子さんではなく僕をつかまえて「アド街を見た」と言うといいことがあるかも……?

ページトップへ