読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醤油手帖

お醤油について書いていきます。 料理漫画に関してはhttp://mumu.hatenablog.comへ。お仕事の依頼とかはkei.sugimuraあっとgmail.comまでお願いします

貴サークル「醤油をこぼすと染みになる」は火曜日 東地区“A”ブロック-38b に配置されました

ついうっかりメール設定を忘れて「貴サークルは」というメールをもらえなかったので、ブログ記事のタイトルにしてみました。

というわけでコミックマーケット87では火曜日(12月30日)の東館”A”38bに配置されました。

……Aって壁だ! 壁になってしまった!

とうとう東館の壁サークルに配置されてしまいました。Webカタログを見る限り、周りは男性向け創作の皆様に囲まれていて、いつもの評論の方々とはちょっと離れているっぽい気がしてならないんですが、本当に僕は大丈夫なのでしょうか。もう壁というプレッシャーで胃が痛いを通りこして心臓が……

昨年の冬のコミックマーケットでは西館の壁に配置されて、それでもかなり胃が痛かったのにとうとう東とは。プレッシャーの反面、とてもうれしくて光栄なことなので、がんばります。はい。

 

醤油手帖シリーズの新刊ですが、フルーツ醤油編の予定です。夏に「醤油手帖Vol.6 〜幸せのポン酢醤油編〜」をつくったのですが、そこで果物と醤油の相性に改めて気づかされたというか、すっかりはまってしまいました。柑橘系だけじゃない、フルーツを使った醤油を特集したいなあと。Vol.5のスイーツ醤油編にもいくつかフルーツな醤油は登場していますが、もうちょっと掘り下げたくなったのです。

でも、今現在の時点で集めている醤油の数が20に届いていないので、ひょっとしたらminiシリーズになるかもしれません。書き始めるまでにもうちょっと集まるかな? 集まらないかな? というギリギリの状態なので、miniシリーズになるかどうかは20本に到達するか次第になると思います。デザイナーさんや写真を撮ってくれる人にもギリギリまで待ってもらいます。すみません。

というわけで、今度のコミックマーケットでもみなさまよろしくお願いいたします。ふらっと遊びに来ていただけたらと……壁で閑散としていると寂しいので……

ページトップへ